プチ断食

名器の品格という商品は下付と上付がありますが下付も上付もかなり気持ちがいいようですよ。


かなり究極とも言われるホールの中のホールといわれている製品で、この名器の品格を作るためにはかなり構想を練って研究開発を重ねてきたようです。


作るのに7年もかかったといわれる匠の製品で、究極のホールという名前も持っているんです。


かなり贅沢に作られていて、桐の箱に入っているところからしてもすごいですよね。


桐の箱に赤いベルベットが敷いてあるところには敷いてある名器の品格、これは一度使ってみたいですよね。


実用新案申請中の製品だそうですよ。


でもちょっと値段が高いというようなこともレビューを読んでいるとあげられていました。


確かに、この桐の箱、無駄という意見も多かったですね。


普通の箱にして安くしてくれればいいのにって話にもなっていました。


しかし固定して使ってみた人は本物と全く同じ挿入感だったという感想もあり、使った後は無理やり裏返しにして洗ったようなのですがそれでも何度洗ってみても大丈夫だったとのことです。


清潔に保てるのもうれしいですね。


名器の品格という名の通り、やはりすごい製品で、いろいろと試してみようと思ってお金を使うくらいなら、少しお金は高いですがこれ1つもっていれば満足できるとのことでした。


少し緩めになっているそうで、きついのが好みの人はちょっと向かないという感想もあったので、その点は考慮して購入してみるといいですね。

posted by ダイエット・脚やせ・デトックス | Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス